5.31.2011

さぁーて



波は、さすが日本海あっという間にサイズダウンですね。
昨日だけはまぁまぁいい波でたっぷり5時間やらせていただきました。
今日はおもいっきりハズしましたが…

まぁそんなもんです。
明日から6月突入!また全開でいきますのでよろしく!

しかし、天変地異が世界中でおこってますね…
日本のお偉いさん方!人の仇探しばっかやってないでスーツ脱いで作業着きとけ!!

5.30.2011

10oz DENIM Trunks

色んなブランドから色んな柄、素材のトランクスが登場していますが、なかなか個人的にピンとくるものがありませんでした。そこで今、地元福岡で活躍している井上洋裁工房さん協力のもと、やっぱりデニムじゃね!ということで、
この夏のビーチへ向けてSTANDARDよりデニムトランクスを発射します!!
ベースはKATIN!今の時代にあわせ、少しローライズに仕上がっております。
腰でひっかけてかるーく履いて下さい!

 レースアップで脱ぎやすく、履きやすく!!
 裏生地は海の中で肌にはりつかないよいうにコットン100%
 レースアップの紐もすれて痛くならないよう柔らかいものを使用しています。

 股の縫製はボードにまたがる事を考え巻き縫いのチェーンステッチ。

ヒップがスッキリ見えるようにポケットはサイドへ。水抜きも完備しています。
このトランクスの良い所は陸でのウォークショーツとしても
十分カッコ良く使用できます!!
色落ちも楽しめる為、たくさん色落ちしてる人ほど海に入ってるって事にになりますね(笑
履き始め若干、ボードのワックスにデニムの色がうつるかもしれませんが、
それはブルーカラーの証です!!!


60〜70年代まだまだ今のようにいろんな素材がなかった頃でもサーファーにとってトランクスとはとても大切で重要なアイテムであり、みんな裕福では無かったが、ほとんどのサーファーがそれぞれの自慢の2枚のトランクスを交互に一日中、陸でも海でも履き続けていたそうです。(ジェリー•ロペス著書より)

DENIM Trunks  made in JAPAN


お問い合わせ
STANDARD
Tel: 092-407-1931
Mail: standard6835@gmail.com

5.29.2011

ご連絡

     さてさて、久しぶりに波が上がってきました。        
       
        明日がTHE DAYでしょうか?

GWからガレージにこもりっぱなしで、そろそろ具合が悪くなってきました。

       このままだと命にかかわります。
    
  なんで明日から療養の為、波が続く限り波乗りしようと思ってます。
   
    まぁ週中位からはまた仕事できると思いますが(笑

     では皆さん海で会ったら優しくして下さい!!

5.28.2011

業務連絡


大変お待たせ致しました!!古賀市のA様、すべての処理が完了しました。
オールポリッシュ仕上げでピカピカです。

エアーブラシアーティスト Mr Kent.

このヤローと共に何かやってやろう!となったのは、たまたまなのか?運命なのか?
随分前から、趣味(大好き)でエアブラシで絵を描いてたのは知ってた。
でもこういう展開になるとはそん時は思ってもいなかった。
何ヶ月か前、久々にこんにゃろーはヒョコっと現れた。

「うぃーす!」

「おー久々やんかバカタレ」笑

あーだこーだいつものよう近状報告しているうちに
ピィーーーン!ときた!!
おいっ!お前ヤルか!!
ヤリたいっス!!!!!
そう!この熱い感じ!一番大事!
何気ない会話から始まるプロジェクト。やるかやらないかは己次第。
わかります????

ケントの紹介するとすれば、ただのバカ。酒をあおればすぐチ○チ○出すようなどうしようもないヤツ。でも友達想いのどうしようもなくイイヤツ。
そして、ハンドペイント!やっぱ手描きじゃないと!!を信条とする熱い絵描き。

ケントの今の想い。とにかく描きたい!!!!!!!!

ということで共にやっていきます。

今のところとんでもなくデッカイもんのブラシを吹ける場所の確保はできていません。
なので、ガレージで扱える大きさの物に限ります。
サーフボード、スケボー、その他皆さんが思いつくもの、塗料がのる物全て!!
デザインから受け付けます。思いついたら相談して下さい。

気になる金額は本人希望により…



当分の間…



作品を見てからの〜


あなたの〜


お気持ちの金額でっっ!!!!


えーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!


逆に困るか…(笑


でもこれマジですよ。


どうですか????


最近こんな熱いヤツいます?!


まだまだ細かい所を見ればムラはありますがほんとヤル気十分のイイ奴です。共にスキルアップしながら頑張っていきますのでこれからかわいがってやって下さい!!
よろしくお願いします!!

ご依頼は
STANDARD "art garage"
TEL:092-407-1931
HP:090-7167-9711
mail:standard6835@gmail.com

そうそう、この画像。こないだツイッターに載せたらコレまた、おバカな先輩達がいっそTATTOOみたいに全面にいろんなの入れちまえって。
最初またおもしろがってテキトーなことを(汗
って思っていましたが一理あるなと。
刺青とは『傷隠し』という意味もあるらしく、例えばサーフボードで著しく破損してしまいどうしてもキズが目立ってしまう場合、いっそ何かデザインをラミネートしてしまえばいいんじゃないかと。もっといえばショップのサインなんかもラミネートできるし、コレ入れてって画像でも何でも送ってもらえれば何でもいける!!!!

やっぱすべてはアイデア次第!!

と言う訳で      SURFBOARD TATTOO    スタートします!!

ヨロシク!!!!!!!!!!

業務連絡





K夫妻!早かったでしょっ?!週末からの来るTHE DAYにむけてバタバタ仕上げました!
ECについてはベースの色が濃い為、後からのせたクロスのメが若干透けてます。これはデカールやローピングの部分を見てもらえれば分かりますが、どんな一流ブランドにおいても出ているものです。強度においては問題ありません!
日曜、北東かわす西方面に向かおうと思ってます。そん時確認して下さい!
出発する頃また連絡致します。楽しみっすね!!

5.26.2011

福岡県サーフボードリペアー・カスタムオーダー専門店


福岡県でサーフボードのオーダー、サーフボードの修理に
お困りの方が多いようですね

年々オーダー、リペアーご依頼のお客様が増えており
少々お時間を頂く事もしばしば
全てご依頼順に進めていますので
お早めにご連絡ご予約下さい

初めてのお客様の質問に
ココはなぜ住所を公開してないのか?
というお問い合わせをよく頂きますが

住所を公開しない理由は…

作業を円滑に進めるためです!!

やはりレジンを扱う仕事なので一気にやってしまわないと
硬化が始まってしまうし、
シェイピングの際も途中でやめてしまうと
ラインがわからなくなってしまう事があります。

すべて一人でやっているので、
突然の訪問でお客様が重複してしまうときちんとした説明もできなくなるし
納得して頂いたうえで作業を進めていきたいと思うからです。

結果的にそれが一番お客様にとっても
ボードにとっても良いと思っています。

もう一つはちょっとした住宅街にあるため
駐車スペースが限られていることです。
ただでさえ機械の音やお客様との談話で楽しませてもらっているので、
駐車のマナー位は守ろうと思っています
今のところ皆さんのおかげで近隣の方々とも仲良くさせてもらってます。
ありがとうございます。

と、言うような理由で今後も
『完全予約制 』
でいかせてもらいます

とは言ってもそんな堅いものではなく
一度ご連絡頂いて
お持ち込み頂くスケジュールをお互いで決めているだけです。

リピーターの皆様は
「今から行くよ!」「OK!」くらいのもんです。
どうしても無理なときは1時間ずらして!!みたいな

なので気軽にご連絡下さい!
どんどん遊びに来てください!
大まかな場所は福岡市城南区福大付近
とだけ言っときましょう。
あ、波がイイときはサクッと閉めますので、
そこだけはご理解下さい(笑

リペアーご依頼の際は
WAXダウンをお願い致します


STANDARD 白水 義人  (Yoshito Shirouzu)
tel:  092-407-1931      fax: 092-407-1932      hp:  090-7167-9711
mail: standard6835@gmail.com

作業中は携帯にしかでないのでお気軽にどーぞ
サーフボードのことであれば、答えられる範囲でなんでも相談受け付けますので
メールで画像とか送って頂ければ確認後ご連絡します。
県外の方ももちろんどうぞ!


                             =Repair=
                                                                              Before and After









"VECTOR BRAND"
Original CustomSurfboards
Shaped & Glassed
Yoshito Shirouzu

ショートボードからロングボードまで
ワンオフ製作

すべては『イメージ』

あなたのイメージをしっかり伝えて下さい

きっと気持ちのよいものが生まれます


モデル、プライスなどはこちらのhome pageをご覧ください

5.25.2011

大部分のCrack


 前のブログ       blog.goo.ne.jp/standard_ag/    でたまに紹介しているセルフリペアを考えている方へのヒントですが、今回はちょっと大変なリペアの紹介をしてみようかと思います。
長くなるのでヒマな人だけ読んで下さい(笑
写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、極度の圧がかかりボードのしなりが限界を超えてしまい60cm四方にクラックが入っています。恐らくインパクトでもまれたのだと思いますが、折れる寸前です。
 この場合クラック一本一本処理しても、もともと一枚につながっていたクロスが途切れているので強度が保てません。なので写真のように全体を均一にフォームギリギリまでラフサンディングします。クラックが浅い場合はクロス一枚分位でいいと思います。根気がいりますのでがんばって下さい(汗
 ベースが整ったらラミネートです。今回は4ozクロス3枚使用しました。最低2枚は使用して下さい。リペアで6ozクロスを使うとクロスの跡が目立ちやすいので4ozの方がきれいに仕上がります。
 ホットコートして一度サンディングし最終グロスコートしたのがこの状態。範囲が広いのでちゃんとしたサンディングルームのようなサイドから蛍光灯を当てられ、へこみを確認できる部屋があればいいですが、セルフリペアではそうはいきませんよね?
 その場合の裏技がコレです!!
水をかけてみて下さい!!不思議なくらいへこみが分かります。その時そこに写り込んだ電線でも何かまっすぐな棒でもいいです。それをリペアした部分にゆっくりずらしながら写し込ませてそのラインにゆがみがなければ磨いて完成です!!
ゆがみがあればその部分にレジンを塗ってもう一度サンディングです。一度に厚く塗ると気泡が入ったりして仕上がりが悪くなるので薄めに半乾きになったら塗り重ねる方がいいです。
いつも言ってますがあくまでも自己流のですので参考ていどに…
ちなみに今回のリペア8回レジン塗り直しました…しんどっっ(笑
Tさんお待たせしてすんませんでした!!!!

業務連絡


フルメンテナンスのご依頼の古賀市のA様大変お待たせしてます。
薄利の処理に少々手こずりまして本日やっとラミネートからのサンディング、ピンラインの入れ直しまで終了しホットコートまで完了しています。
乾燥後サンディングし手直しがなければ磨きあげて完成ですので、今週中にはご連絡できると思います。大変お待たせして申し訳ありませんが宜しくお願いします。

本日OPEN!!





 沢山の仲間と共に造りあげていくことで

 一つの夢が完成しました。




 STANDARDでもちょいと協力させて頂ました。
友人のオーナー、エイイチはサーファーだからか、サーフボードに使う材料で天板造ってくれとのことでクロスとレジンだけで造ってみました。ティントカラーなので下から光をあててもきれい。
 こちらはオーナー自ら手作り!メキシコで見てきてそれを再現したそう。
びっくりするほど座り心地がよかった。
本場メキシコで修行を積み満を持してオープンです!!
味は行ってみたがいい!!うまいから!!体感してみて!!

Mexicanfood and Cafe chucho.
福岡市薬院3丁目7−30

オレは落ち着いた頃にゆっくり行かせてもらいます(笑
BEER冷やして待っとけや!!!!!